single lock standing seam

スタンディングシーム(ダブルロック)

ダブルロック・スタンディングシームとは

スタンディングシーム(立てはぜ)とは、同一平面上の板金を接合する方法として、金属屋根やメタルサイディングにおいてもっともポピュラーな工法のひとつです。

隣り合ったジンクシートの縁を直角に折り曲げて立ち上げ、その立ち上げた部分を重ねて折り曲げることで接合していきます。折りたたみの回数により、シングルロック・スタンディングシーム、ダブルロック・スタンディングシームと呼び分けられます。ルーフィングには通常ダブルロック・スタンディングシームが用いられます。

vmz single lock ss


その土地の気象条件、被覆する面の面積や形状、使用する板の長さによって、はぜの高さとピッチが決められます。高さは25ミリから60ミリ程度、ピッチは380ミリくらいが一般的です。

大面積を覆う場合、特に長尺板を使う場合に非常に有効な工法です。被覆面の端から端まで流れるスリムなジョイントは、主張しすぎることなく建物の優美さを演出します。

表面性状: ナチュラル / QUARTZ-ZINC / ANTHRA-ZINC / PIGMENTO

 
キーポイント

Simplicité de pose
  • 世界中で最も使用されている伝統的システム。

Discrete
  • 屋根の形状に沿ってしなやかに流れるエレガントなジョイント。
    ジョイント幅は瓦棒葺きに比べてぐっとスリム。

Technicité
  • あらゆる形状の屋根に対応。
    長尺の使用が可能。

  • ダイナミックさを演出したい大屋根に最適。
  • 5/100以上の勾配さえあれば、どんな形状の屋根にでも。
    *曲面の複雑さにより細かい板割りが必要となることがあります。